ページの先頭です

本文のはじまりです

家づくり、ここだけの話

家は一生に一度のお買い物。人生をかけた一大イベントです。
だから失敗をするわけにはいきません。後悔のない家づくりのために、
ぜひ心がけていただきたい4つのポイントをご紹介します。

暮らすイメージを明確にする。

家を建てる前に「こういう風に暮らしたい」というイメージをできるだけ明確にしておきましょう。そのためにはまず「知ること」が大事。いろんな住宅展示場や見学会に出かけてたくさん家を見ることで、だんだんと自分たちがどんな家でどんな暮らしをしたいのか、イメージが湧いてくると思います。

キッチンやバスルームなどの設備も、後から「これにすればよかった・・・」とならないよう、メーカーのショールームに行ってたくさん見ておくことをおすすめします。

より具体的な暮らしがイメージできれば、コンセントの場所や窓の配置などにも気を配りましょう。部屋の広さについても、何坪とか何平米といった数字だけで判断せず、それが実際どのくらいの広さなのかを自分の身体で実感することが大切です。

未来の自分達も快適に暮らせるかどうか?

今だけじゃなく、自分たちの将来もイメージして家のことを考えるべきだと思います。いまは子供が小さくても、やがて成長したときに部屋の広さや部屋の数は足りるかどうか?

また自分達が歳をとったとき、階段や間取りはどうあるべきか・・・など、未来の自分達も快適に暮らせる家にしたいですね。

パーフェクトな土地は存在する?

希望する土地がなかなか見つからずに何年も家を建てられないまま・・・というケースがあります。知っておいていただきたいのは、すべての希望を叶えるパーフェクトな土地というのは、ほぼ無いという事実です。

もし「場所はすごく良いけど土地が不整形だからダメ」などと諦めている場合でも、設計の工夫次第で快適な家づくりが実現できるかもしれません。自分たちの優先すべきことが何なのかをいま一度明確にして、それが満たせるのかどうかを考えましょう。

そして良い土地はすぐに売れてしまうのも事実。苦労して見つけた物件も、3日悩んでいるうちに売れてしまった・・・なんていうこともあります。時には決断力も大事。良い土地との出会いを逃さないためには、やはり自分たちの「優先すべきこと」を明確にしておくことが大事なんです。

家をだれと建てるか?

夢のマイホームを「だれと建てるか」はとても大切なこと。一生に一度のことですから、信頼できる相手と一緒に建てたいですよね。自社で建ててもらいたいがために、良いことばかり言う営業マンには注意が必要です。

物事には大抵、メリットとデメリットがあるものです。例えば化学物質を含まない「無垢材」を使用する場合、その素材感や温かみという魅力がある反面、木のねじれや隙間が生じるといった面もあります。そうしたこともちゃんと正直に伝えてくれる誠実な人と、家は建てるべきだと思います。

メールでのお問い合わせ

| HOME | 注文住宅 | 新築一戸建て | 会社案内 | 彩プラのひみつ | お客さまの声 | よくある質問 | 購入シミュレーション |
| 家づくり・・・ここだけの話 | 見学会・オープンハウス | 彩プラキッズの部屋 | 住宅ローンでお困りの方 | ブログ | お問い合わせフォーム |